アップルから許可が下りなかったDASHのウォレットをダウンロードしてみよう

匿名性に特化した暗号通貨Dashがブレッドウォレットをベースにしたウォレットをリリースするもアップルの認可が下りなかった。

このウォレットはShapeShiftと結合されており簡単に暗号通貨の取引が行える。ユーザーはDashウォレットを使ってビットコインアドレスをスキャンするとDashで支払いが可能でビットコイン支払いができる店舗なら利用できる。DashファンデイションとShapeShiftが手数料のシェアを行う契約を結んでおり、これ以上の手数料増加はない。

今回のDashウォレットを含め暗号通貨系アプリはアップルにより拒絶される傾向がある。
DashチームのFernando Gutierrez氏は
今回の件はかなりのフラストレーションだ。だが私たちは彼らの拒絶理由を理解した際には、将来また申請を行う。彼らのストアーであり、彼らがルールを敷いている限り、認証を強要することはできない。と語った。

Dashは自主制作バージョンのウォレットをリリースしている。Gutierrez氏によると、Dashウォレットは完全に合法であり、脱獄などする必要もない。としている。Macコンピューターを用いてiPhoneにウォレットを導入可能だ。

早速やってみた。
ガイドはこちらから

iPhone版Dashウォレットの作成方法

(1)MacのPCでApp StoreよりXcodeをダウンロード
ダッシュ

(2)Xcodeを起動し規約に同意し一度閉じる
(3)アプリからTerminalを起動し以下のコードをコピーペースト
ダッシュ
ダッシュ

cd ~/Documents

mkdir src

cd src

git clone https://github.com/QuantumExplorer/dashwallet.git

cd dashwallet

git branch distribution origin/distribution

git checkout distribution

git pull

100%になったらダウンロード終了。

(4)DashWallet.xcodeprojを開く
ダッシュ

(5)Xcodeが起動
(6)iPhoneをMacにつなぐ
(7)左上のiPhone6の部分をクリックし自分のiPhoneを選ぶ
ダッシュ

(8)サイドバーのDashWalletをクリックし詳細を表示
(9)TeamがNoneであることを確認
ダッシュ

(10)Bundle Identifier:

com.darkcoinfoundation.dashwallettestの部分を
com.darkcoinfoundation.dashwallettest.好きなテキスト
に変換。

最後の部分がすでに取得済みのユーザーがいる場合、使用不可能なので自分の好きなものに変更する。(例)com.darkcoinfoundation.dashwallettest.ccm

ダッシュ

(11)左上プレイボタンをクリック
ダッシュ

(12)Failになる
(13)Enableをクリック
ダッシュ

(14)Fix Issueをクリック
ダッシュ

(15)AddをクリックしApple IDを入力
ダッシュ

(16)この画面は認証確認なので入力が終了したら画面を閉じるかサイドに移動する
(17)自分のIDが表示されていることを確認してChooseをクリック

ダッシュ
ダッシュ

(18)左上プレイボタンをクリックまたは自動的にインストールが始まる。
通知が表示される場合iPhoneのロックを解除してみる。

(19)DashWalletがインストールされる
最後に警告が表示されるがOKをクリック
ダッシュ

(20)起動すると警告が表示されるので設定から解除すると開くことができる。

設定-一般-プロファイル-デベロッパApp-信頼をクリック
dash

dash2

参考元
dashpay.atlassian.net
allcoinsnews.com


1 Trackbacks & Pingbacks

  1. JaxxはiOS向けの最初のDASHのウォレットに

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA