サイバー保険がビットコイン業界にはもっと必要だ

ビットコインなどの暗号通貨を取り扱う業者は顧客の資金や情報を最優先に守る必要がある。1つのパスワードが流出してしまえば使い回しを行っているユーザーはかなりの危険に晒されることになる。顧客の預けているビットコインが盗まれてしまえば、返済が出来ずに破綻してしまうケースもあるだろう。

ビットコイン取引所やリップルゲートウェイのリスク

自分の資金を業者に預けっぱなしにすることにより、激しい価格変動に対応しようとするトレーダーは少なくないだろう。特に流通量の少ないALTコインなどは少量ずつ取引しなければ一気に値段が吹き上がってしまう。ユーザーは業者に資金を使い込まれるリスクと業者がハッキングされて資金を盗まれるという2つのリスクを抱えている。暗号通貨だけでなく、個人情報までも取られる可能性がある。国内初のリップルゲートウェイ、リップルトレードジャパンはユーザーの入出金対応を無視し消えてしまった。
リップルトレードジャパン出金、問い合わせ共に不能
暗号通貨は金融商品とは違う扱いであるため、警察が事件として取り扱ってくれない場合も多いようだ。

サイバー保険とは?

現在、様々な情報や資産は電子的な形で保存されている。企業は顧客や取引先の情報を奪われるリスクを常に背負っている。もしこれらの情報が犯罪者に奪われてしまえば企業は莫大な損失を受けることになってしまう。お金だけでなく、信用やビジネスそのものを失う可能性もある。そして訴えを起こされてしまった場合には弁済を行う必要も出てくるだろう。サイバー保険というのはこれらの損失を保険で賄ってくれるものである。例えば、BitPay, Xapo, Circle, Gemini, Coinbaseなどの取引所はすでに保険を利用している。

あなたの利用しているの取引所はどうだろうか?もしもあなたのビットコインが盗まれてしまったらどうなってしまいますか?
暗号通貨を利用する場合には『すべてを疑う』のが一番重要である。トレードで利益を出したくて常にコインを預けっぱなしにしているとある日すべてが消えている可能性もある。ユーザーが安心して資産を預けっぱなしにできる日はいつかやってくるだろうか?