まもなくあなたは暗号通貨でディナーの支払いができるようになる

今年は暗号通貨の需要が劇的に増加した。 ビットコイン、イーサリアム、ライトコインのような暗号通貨の価格が急激に上昇したことが需要を押し上げている主な要因だ。しかし、享受してきた価値の増加の後に、暗号通貨を使ってレストランでディナーを支払えないことに疑問を思ったことはないだろうか?

簡単な答えは、既存の暗号通貨のほとんどが店頭支払い向けに設計されていないことである。 理由は次のとおりだ。

長時間のコンファメーションが消費者のやる気を無くさせる

暗号通貨の世界では、コンファーメーションには、クレジットカード決済に関わる承認、認証、クリアリング、決済の各段階が組み込まれている。 従来のクレジットカード決済を利用する時間を考えてみると、ビットコインと言われるような暗号化された通貨が先行していることがわかる。 ビットコインのコンファメーションは、通常、10分から数時間の間に行われ、一方クレジットカードの全プロセスは数日間で実行される。

ビットコインより短いプロセスはすぐに資金にアクセス出来るという点でマーチャントにとって非常に良いことだが、消費者にとってはコンファメーション時間をすべて待つということは彼らが得ることを望んでいる価値に触れるまでにあまりに時間の無駄となる。一方でクレジットカードならば数秒から数分で済む認証時間を待つだけで済む。現在のところクレジットカードを利用することは消費者にとって頭を悩ますことではない。

消費者にとって暗号通貨を利用することは高価なこと

これはサトシナカモトがビットコインをローンチする際の有名な論文“Bitcoin: A Peer-to- Peer Electronic Cash System”の引用で、『仲介コストは取引コストを増加させ、実用的なトランザクションの最小サイズを制限し、小規模なカジュアル取引の可能性を切り捨て、非可逆的な支払いを不可逆的に行う能力の損失には、より広い費用がかかる。』従来の決済システムに関連する高いコストは、ビットコインが取り組むべき課題の1つである。現在、反対のことがビットコインを利用する際に起こってしまっている。米国のビジネス・ニュース・プロバイダーCNBCは、今年初めにジャーナリストの1人を通じ、ビットコインを通常通貨として使用することを実験した。ジャーナリストは、「ビットコイン取引は高価になる可能性がある」と指摘し、ビットコイン取引には、平均してドルまたはクレジットカード取引よりも40%のコストがかかると述べている。 彼女は高い為替レートと取引手数料を嘆いた。さらに、消費者がクレジットカード決済のマーチャントとは対照的に取引手数料を支払うという事実は、ビットコインの大量採用を妨げている。ビットコインが消費者から非常に多くの時間とお金を要する限り、単純に言えば、主流の通貨であることは非常に難しいだろう。 ビットコインがブロックチェーンネットワーク上に構築され、柔軟性、効率性、および店頭利用に適した、デジタル世界でより柔軟で効率的な金銭を必要としていることを世界に認識させると、主流となるだろう。

リップル、DASH、モネロなどの暗号通貨は、高いコストと処理時間の問題を解決する可能性を秘めている。しかし、リップルは分散型な方式ではないため、取引に第三者を除外ユーザーにとっては魅力的ではない。さらに、取引時間が改善されたとしても、ほとんどの暗号通貨は、ユーザーのネットワークが大きくなるにつれて取引手数料が増加することがわかる。 これはまた、販売時点情報管理には適していない。

グローバルなオープンソースのブロックチェーンベースの分散型決済ゲートウェイであるGraft Networkと処理プラットフォームは、取引コストと決済時間の問題を解決するために検討しているブロックチェーンプロジェクトの1つである。Graftがブロックチェーンネットワークの中で共通していないことの1つは、クレジットカード決済のような取引手数料は、既存の暗号通貨の取引手数料を決定するネットワーク状態とレコードサイズとは対照的に、取引サイズに比例するということだ。 Graftはまた取引手数料をビットコインネットワークとは対照的に信じられないほど安価なものにしている。 小額支払いの取引手数料は1セント~2セントとなる。

ソース:BitInfoCharts

Graftは、既存の主要な支払い技術と互換性のある支払いネットワークを提供する。 これにより、小売業者は金銭的支払いと暗号通貨の両方の支払いを受け取り、即座に決済を行い、優先通貨で彼らの資金にシームレスにアクセスすることができる。 消費者と商人の両方にとってこのような使い易さは、暗号通貨がより効率的な交換媒体であるという約束を確実に果たすことを保証する上で、長い道のりになる。

簡単に言えば、Graftは、平均的な消費者が暗号通貨を使って食事を支払うことを可能にするブロックチェーンネットワークを構築している。

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。