暗号通貨取引所バイナンスがノートルダム大聖堂へのチャリティーキャンペーンを開始

世界最大の暗号通貨取引所バイナンスが火災のため焼失したフランス・パリの世界遺産「ノートルダム大聖堂」への暗号通貨によるチャリティーキャンペーンを開始した。

この活動はバイナンスがローンチしたのプロジェクト「ブロックチェーン・チャリティ・ファンデーション」のチャリティプラットフォーム上で行われる。

現在、ビットコインやイーサリアム、BNBによる寄付で7916ドルが集まっている。

災害時や緊急事態では、暗号通貨による寄付が大きな力を発揮する。ボーダレスで送金手数料の少ない暗号通貨はこのような事態で活躍する。