Cosmos:ATOM保有者のほとんどがコミットすることになるデリゲータとは?

バリデータ操作を実行できない、または実行したくない人はデリゲータとしてステーキングプロセスに参加できる。それ故、バリデータは自分の持分に基づいて選択されるのではなく、自分のステークとそれに委ねられるステークの合計である総ステークに基づいて選択されることになる。これは、デリゲータに不正な動作を示すバリデータに対する保護手段を提供するため、重要な特性と言える。バリデータが誤っていると、そのデリゲータはATOMをそこから失い、それによってそのステークを減らすことになる。最終的には、バリデータのステークが上位100のアドレスから外れた場合、バリデータセットを終了することになる。
Cosmosのバリデータとは?

ほとんどのATOMホルダーは自分でバリデータ操作はできないためデリゲータになることになる。トレードを行いたい場合には取引所などで売却することになるのだが、ステーキングすることによってATOMのリワードを貰える仕組みとなっているため多くのホルダーがステーキングに参加するような設計となっている。これによってCOSMOSのブロックチェーンが安全に保たれる。
Cosmos:ATOMのステーキングではどれだけのリワードがもらえるのか ?

デリゲータはバリデータの収益を共有することになるが、リスクも共有することになる。デリゲータはバリデータがその収益を配布する前にどれだけの報酬がされるのかを知ることができる。つまり手数料は事前にデリゲータに知らされており、事前定義された制約に従ってのみ変更することができる。

デリゲータになるためには、Atom保有者はCosmos Voyagerから “Bond transaction”を送信する必要がある。バリデータの候補者のリストがCosmos Voyagerに表示される。

あとからデリゲータがそのステークの一部または全部をアンボンドしたい場合、アンボンドトランザクションを送信する必要があり、ATOMを取り出すために3週間待たなければならない。

Cosmosデリゲータのさらなる詳細はこちら
Cosmos Voyagerの最新版はこちら
Cosmosの公式サイトはこちら