Cosmos:GoS参加バリデーターが250を超える

CosmosのGame of Stakes(GoS)テストネットへの立候補が250を突破した。30,000ATOMの賞金プールが用意されており、最多の「ステーク」を有するプレイヤーが賞金を手にすることができる。

GoSプレーヤーは次のことが要求される:

  • ソフトウェアを修正し、他のプレイヤーと共謀して、コンセンサスに参加してステークを蓄積するプレーヤーの能力を検閲する。
  • 誤って設定されたバリデーターの設定を検索し、それらを悪用しようとし、他のプレイヤーがステークを累積しないようにする。
  • 他のプレイヤーのノードを虚偽または欺瞞的なトラフィックでターゲット設定する。

Cosmosネットワークは初期に100のバリデーターが建てられ、時間が経過するとともに300まで増やしていく予定となっている。

Cosmos生態系のトークンは、ガバナンスによってホワイトリストに登録されていれば、どのような通貨でも手数料として有効になる。現在、70近いプロジェクトがCosmosを利用する予定となっており、将来的にこれらのトークンもばりデーターの報酬として認められる可能性もある。

Cosmos&Tendermintを利用するプロジェクトリストはこちら

Cosmosのバリデータとは?

Cosmos:ATOM保有者のほとんどがコミットすることになるデリゲータとは?

Cosmosの公式サイトはこちら