COSMOS:ETGateをリリース、デュアルトークンモデルを発表

先月、イーサリアムブロックチェーンとTendermintゾーンをブリッジするETGateがリリースされた。コードベースはアルファ版だが、開発者はマスターブランチを利用してクローンやエクスペリメントを行える。

ETGateのテクニカルな詳細はこちら

COSMOSのクラウドファンディングキャンペーンの初期投資家の中には、ATOM保有者ではなく、ETHへのPhotonの配分について不満を表明していた人がいたが、COSMOSエコシステムで行われるすべての変更を推進する原動力は、ATOM保有者だけの権利である。 ガバナンスを通じて、ATOM保有者は、ATOM保有者とETH保有者へのPhotonの分配の割合に投票することができる。 PhotonハードスプーンはCosmosコミュニティが既製のコードをアクティブにするために投票した場合にのみ有効となる。

Tendermintの研究チームが様々なメカニズムの設計を反復した結果、Photonの構想は今年末に行われた。COSMOSのトークンモデルの詳細についてはこちら

Cosmosのバリデータとは?

COSMOS:UIリリース

COSMOSの公式サイトはこちら

参考元
blog.cosmos.network