消費者はモバイルペイメントアプリよりもビットコインの方が安全だと感じている

新たな調査により、アメリカの消費者はモバイルウォレットやアプリでの支払いよりも、ビットコインの方が安全だと考えていることがわかった。

シカゴに拠点を置くWalker Sands Communicationsがリポートを提出した。
デジタル決済に焦点を絞って調査を行っている。今回の調査は14000人を対象として行ったものである。

モバイルウォレットやアプリによる支払いはビットコインよりも下位であり、最も信頼されていない支払方法であった。

消費者が安全だと感じる支払手段ランキング

現金:56%
クレジットカード:22%
デビットカード:18%
小切手:2%
その他:2%

現金の56%の壁は高いが、若い世代になればなるほど現金よりもデジタルに慣れているので徐々にデジタルに移行していくはずだ。

参考元
coindesk.com


domeplatform