スウェーデン大手銀行SEB Group、暗号通貨決済を行うCoinifyに400万ドルを投資

スウェーデン大手銀行SEB Groupとデンマークのベンチャーキャピタル企業はデンマークの暗号通貨決済を行うCoinifyに400万ドルの投資を行った。今回のシリーズA投資にはSEBだけではなくシードキャピタル、デンマークのベンチャー企業、既存のビットコインスタートアップ投資家が含まれている。

2014年にローンチしたCoinifyは15もの暗号通貨決済に対応している。今回の資金調達により決済業務の拡大とアジアでのトレードサービスを行うようだ。
スクリーンショット 2016-08-04 14.40.20

SEBのDavid Sonnek氏は
Coinifyはブロックチェーン決済のユニークなプラットフォームの開発を行っており、我々のフィンテック企業への投資ポートフォリオに適している。Coinifyのこれからの発展に関われることを楽しみにしている。
と語った。

デンマークのニュースサイトによるとSEBよりStefan Olofsson氏、シードキャピタルよりLars Andersen氏が新たにCoinifyのボードディレクターに加わり、SEB投資マネージャーFillip Petersson氏は次長として加わる。さらにSEB Venture Capitalは議決権付き株式を5-9.99%所有する。

*SEBは1972年に創設されたストックホルムに拠点を置く銀行。NY、サンパウロ、ロンドン、香港など世界に視点を持つユニバーサルバンクである。

参考元
coindesk.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA