CoinDash:トークンセールで700万ドルがハックされる。

ICO期間中にハッキング起きてしまうとプロジェクトを運営する資金が無くなると同時にトークン価値の裏付けとなるお金も消えてしまうことになる。今回、CoinDashチームはトークンセールで700万ドルがハックされたことをアナウンスしている。

CoinDashチームは公式セール前にも資金調達を行なっていたらしく、最悪のケースは免れたが、大きな資金を失ったことになる。ハッカーアドレスに資金を送ってしまった場合には以下の手続きを行おう。

CoinDashチームは以下の声明を出している。

親愛なるCoinDashの貢献者、

トークンセールイベント中にハッキング攻撃を受けたことをお知らせするのは残念です。攻撃の間、現在知られていない加害者によって7百万ドルが盗まれました。 CoinDashトークンセールは、初期の貢献者やホワイトリスト参加者から6.4百万ドルを確保しました。私たちはあなたのサポートと貢献に感謝しています。

CoinDashは、すべての貢献者を担当し、各貢献を反映したCDTを送信します。ウェブサイトに悪意を持って掲載された不正なEthereumアドレスにETHを送信し、ETHをCoinDash.ioの公式アドレスに送信した貢献者は、それに従ってCDTトークンを受け取ります。ウェブサイトが閉鎖された後に不正なアドレスに送られた取引は補償されません。

これは私たちの貢献者と私たちの両方にとって有害な出来事でしたが、確かに私たちのプロジェクトの終わりではありません。私たちはセキュリティ違反を調査しており、結果についてできるだけ早く皆様にお知らせします。

CoinDashのビジョン、製品、チームは今後も継続していきます。私たちは早く回復し、将来の取引を創り出すでしょう。

注意:私たちはまだ攻撃を受けています。トークンセールが終了したため、いかなるアドレスにもETHを送信しないでください。

詳細は当社のソーシャルチャネルとウェブサイトに掲載されます。

– コインダッシュチーム