CoinbaseはIRSに13,000人分の顧客データを提供する。ビットコイン業界の重要人物も対象に

米国のビットコイン取引所Coinbaseは税務当局におよそ13,000人分の顧客データを提供する予定だという。Coinbaseは2月23日、IRS(Internal Revenue Service)と特定の限られた種類の情報のみを共有すること明らかにした。今後21日以内に必要なデータをIRSに提供する予定だという。

これは2016年に米国国税庁US Internal Revenue Service (IRS)がビットコイン取引所Coinbaseに対して2013年から2年間分の全アメリカ国民の取引記録やIDの提出を要求したものだ。

その後、Coinbaseはこの要求は無差別的であると述べ法廷闘争にまで及んでいた。
米裁判所、Coinbaseは国税庁によるユーザーデーター提出要請に従うべきと判断

結果的に50万件以上のデータ要求に対して97%の削減を達成したことを発表している。

今回提出される13,000ユーザーの中には、マスタリングビットコインの著者でビットコイン業界にて重要人物であるAndreas M. Antonopoulos氏も含まれていることを自身のツイッターで明かした。

参考元
coindesk.com