ICO中のChronoBank、Changellyと戦略的パートナーシップを組みインスタントエクスチェンジ機能をインテグレート

現在ICO中でHR/リクルート/ファイナンスのディスラプトに挑む新たなブロックチェーンプロジェクトChronoBankChangellyと戦略的パートナーを組みChrono Walletへインスタントエクスチェンジ機能のインテグレートを行う。

Changellyは先日NEM公式デスクトップウォレットNanoWalletへのインテグレートを発表したばかりだ。

今回のパートナーシップにより公式ウォレットChronoWallet内で簡単にエクスチェンジが可能となった。今後フィアットとLHトークンのエクスチェンジも可能にするプランを進めいくようだ。

CEOのSergienko氏は
「クリーンで信頼できるインターフェースのインテグレートは取引の際、ユーザーにベストな選択肢を与え、よりスピーディかつ便利な環境を与えることを可能にした。」と話した。

ChronoBank ICOは2月14日までとなり、その後スマートコントラクト、セキュリティーの実装を行い。それが終了次第ベータ版ソフトウェアをリリース予定だ。

調達した資金の大部分は、現実世界の人々が職業に対する労働時間を誰でも売買することを可能にする分散型マーケットプレイスLaborXプロジェクトの第二段階の開発に使用される。これは2018年の第1四半期に予定されている。ChronoBankの開発ロードマップではこのプロジェクトの開発に1000-2000BTCの資金が必要としている。

現在ICO参加者は1,857人で3,321BTC(約3,226,422USD)の資金を調達している。クラウドセールは2月14日に終了予定である。

ChronoBankに関する記事はこちら

参考元
forbes.com
blog.chronobank.io

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。