ChronoBank:日本語ビジネスアウトラインと開発プランが公開

ChronoBankのビジネスアウトラインと開発プランが日本語で公開された。

ビジネスアウトラインのイントロダクション

『ChronoBankは100年以上のリクルートメント経験を併せ持つプロフェッショナルのコンソーシアムによってデザインされました。コンソーシアムにはブロックチェーンテクノロジーにレバレッジをかけて現実世界のビジネスの問題を解決するソフトウェアを構築できるエキスパートが存在します。 我々はすでにEdway Groupという頼もしいパートナーが存在します。彼らはオーストラリ アにある大きな企業でChronoBankとタイムベース暗号通貨にレバレッジをかけます。 我々のゴールは人々が仕事を探し、労働によって報酬を得るという方法を根本的に変えることです。プロセスを分散化させ、これまでの金融機関のフレームワークの外にもっていきま す。現在、現実世界で成功し動いているアプリはごく僅かです。ChronoBankはブロックチェーンアダプションの先駆者となり、ビットコイン、イーサリアム、クラシック、 Waves、Nemそして未来に立ち上がる他のプラットフォームを含む全ての大手ブロック チェーンプロトコルと共に働きます。 ChronoBankはLabour-Hour(LH)トークンをブロックチェーン上に作り、TIMEトークンホル ダーに対して報酬を与えます。LHトークンはLaborX取引所上で自由にトレードでき、人々 は世界中からほとんど摩擦がなく労働と引き換えにマネタイズができます。』

ビジネスアウトラインは25ページに及ぶ。

日本語版ビジネスアウトラインはこちら

開発プランでは12月15日から行われるICOの調達額によって開発が異なってくることを説明している。

ChronoBankはLHデビットカード (VISA or MasterCard)を作成し、労働によって入手されたLHトークンを誰もが世界中で利用できるようにする。

日本語版開発プランはこちら

ChronoBank公式ホームページはこちら


1 Trackbacks & Pingbacks

  1. ChronoBank:ICOがスタート!すでに4,000万円近く調達。初日は30パーセントのボーナスを受け取れる

Leave a comment

Your email address will not be published.

*