ChronoBank:クラウドセール残り2日で現在およそ4.5億円を調達。セキュリティー研究者によってコードの監査が行われる。

ChronoBankのクラウドセールは残り2日で終了する。

現在2,400名からおよそ4.5億円を調達している。

これからセールへの参加を検討している場合にはビジネスアウトライン開発プランをチェックしよう。

The DAOと同じ運命からMakerDAOを救ったセキュリティ研究者は、ChronoBankのスマートコントラクトコードを見直す。

TIMEトークン所有者の最大限の安全を確保するために、最高のセキュリティ研究者による複数のセキュリティ監査が行われた。Nikolai MushegianはDappHubのCEOであり、セキュリティ研究者である。彼はTheDAOと同じ運命からMakerDAOを救い、ChronoBankのスマートな契約コードを見直す予定だ。彼は、TIMEとLHのトークンのセキュリティ監査を行い、スマートコントラクトが公開されても安全であることを保証する。

TIMEトークン・ホルダの保護

DappHubは、Ethereumのスペースで最も古いスマートコントラクト開発会社の1つで、MakerDAO stablecoinコントラクトシステムを作成するために最初に作られた。 ChronoBankのCEO Sergei Sergienkoは、「セキュリティは私たちの最大の関心事です」とコメントしている。 「私たちは、ソフトウェアを市場に投入し、できるだけ早く使用することを約束していますが、セキュリティを犠牲にしてソフトウェアを使用することはありません。だからこそ、DappHubと協力して予期せぬ問題がないことに喜んでいる」と述べている。この監査は、2月14日23:59 UTCまで続くセールの終わりまでに完了すると見込まれている。「われわれはコマンドライン開発者のマルチツールdappleや、われわれの構成可能なスマートコントラクトフレームワークであるdappsysを含むオープンソースの貢献によってイノベーションを導いてきた。」Milenius氏は続けている。 「私たちは、Ethereumヴァーチャルマシンのセキュリティと深い理解への揺るぎないコミットメントに誇りを持っています。私たちのコアコンピタンスは、TIMEトークンの安全で実用的なインスタンスを立ち上げるChronobankの目標とよく似ています。そのためには、一緒に協力することを楽しみにしています。」

ChronoBankのこれまでの記事はこちら
ChronoBank公式ホームページはこちら


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA