中国のビットコイン取引所閉鎖報道によりローカルビットコインの取引量が3倍に

中国政府によるICO規制やビットコイン取引に対する規制から中国国内のビットコイン取引所が閉鎖に追い込まれる危機に瀕している。さらに、一部報道では、海外取引所へのアクセスも制限される報道も出ている。

先週これを受けて、ビットコイン価格は一時3,000ドルを割る大暴落を見せた。現在価格は3,900ドル付近で推移している。

coinmarketcap.com

中国国内では複数の取引所が人民元による取引を10月31日に停止すると発表していることから、OTC(Over The Counter)によるビットコイン取引が可能なローカルビットコインの取引量が大幅に増加している。

coin.dance

ローカルビットコインでは直接売り手と買い手が会いビットコインの売買が可能である。これにより、現金とビットコインという最も匿名性の高い組み合わせによる取引が行える。

今後中国当局の規制によりローカルビットコインでの取引が増加していくのだろうか、または、ローカルビットコインまでも当局によりバンされてしまうのだろうか?

中国と同様に、暗号通貨へ厳しい姿勢をとると発言したロシア中央銀行だが、以前ローカルビットコインへのブロックを行った。
ロシアはP2Pでビットコインの交換ができるLocalBitcoinsをブロック

サイファーパンク達が作り出したビットコインのパワーは政府による厳しい規制をも制することができるのだろうか?
サイファーパンクとビットコイン