中国主要取引所が引出しを再開。ビットコイン価格への影響は?

およそ4ヶ月もの間、中国人民銀の調査を受け、引き出しが凍結されていた中国主要取引所は昨日出金を再開した。

BTCChinaのBobby Lee氏はKYCとアンチマネーロンダリングシステムのアップグレードと共に引出しを再開したと発表。その他、OkCoinやHuobiも引出しを再開している。

中国では急速にビットコインが普及し、今年1月にビットコイン価格は過去最高値をマークしたが直後、中国主要取引所による出金制限がかかり、100ドル以上下落した。これは中国人民銀行によるビットコイン市場に関する調査が入ったことが原因であり、KYCやマネーロンダリング、ポンジスキームに対抗するアップデートを余儀なくされた。

一方で中国人民銀行のLH Li氏はCCTVのインタビューにてビットコインをなくすことは不可能だと述べており、今後これを違法にするようなことはないとみられる。何れにせよ中国でも暗号通貨に対する法律や規制が導入されるのは間違いないだろう。

出金制限の解除により中国での取引ボリュームも今後上がればさらにビットコイン価格は上昇する可能性もある。

参考元
reuters.com


domeplatform