中国とヨーロッパ40の企業がロシアでのビットコインマイニングを申請

中国とヨーロッパ40の企業がロシアでのビットコインマイニングをCryptoCurrency and Blockchain (RACIB) に申請した。RACIBのYury Pripachkin氏によると全ての申請はビットコインマイニングだけを目的としたものであるとのことだ。彼はロシアでのマイニング施設はすでに100存在するとのことだ。

さらにYury Pripachkin氏は『我が国はマイナーが効率よく採掘するためのエネルギーリソースの販売ができる。実際、これはエネルギー企業の新しい市場であり、立法基盤を準備することが重要であり、そのような外国人投資家のための優遇税制が可能である。』と話している。

RACIBのディレクターであるArseniy Shcheltsin氏は、同委員会が中国とスロバキアの代表とのマイナーのための委員会を結成したと述べた。 同委員会は、ロシアにおけるマイニング投資の魅力を高めるための提案を準備中である。 この勧告は、経済発展省とロシア連邦エネルギー省に送られる。

参考元
ria.ru