中国の3分の1が株売買停止、Crypto Equityやデジタルトークンならこんなことは起こらない。

中国のニュースサイトなどによると8日から上海と深センの証券取引所に上場する217社が株式の売買を停止すると発表。売買停止はこれで約1000社で全上場企業の3分の1に達した。株価急落に歯止めがかからないために行う措置だ。

こういったことは株式市場がcentralizedだから起きてしまうことである。すぐに現金が必要になった場合には売り抜けることもできない。破綻に追い込まれる個人や企業もいるだろう。
ビットコインの分散化の必要性が理解されていけばビットコイン2.0系で発行されるCrypto Equityやその他のトークンのトレードもより活発になっていくだろう。

SWARMでは様々なプロジェクトがトークンセールを行う。SoGもその一つだ。

発行されるトークンはカウンターパーティーのDEXで分散型のトレードができるため誰にも支配されない。

OVERSTOCK.COMも分散型の株式市場を構築するプロジェクトを進めている。
OverstockがCounterparty創始者を雇い分散型株式市場を開発

参考元
headlines.yahoo.co.jp


domeplatform