中国政府、取引所閉鎖後OTCによるビットコイン取引を監視

中国当局は9月にビットコイン取引所を閉鎖した後、OTC(オーバーザカウンター)による取引市場の監視を行っていた。政府の報告によると、10月最後の2週間でおよそ1億300万ドルがOTC取引プラットホームで取引されていたことを明らかにした。

今年9月に取引所閉鎖とICOの規制を行ったことで、ビットコイン取引量は急激に減少し、価格にも大きな影響を及ぼした。それと同時に中国国内でのOTCによるビットコイン取引量は急激に増加した。
中国のビットコイン取引所閉鎖報道によりローカルビットコインの取引量が3倍に

産業情報省の指導により設立されたインターネット金融セキュリティ技術専門家委員会の報告によると、一般的にOTC取引は固定された場所、規定されたメンバーシップ、厳格な規則および規則はなく、LocalbitcoなどのP2P取引に加えてQQ、Wechat、Telegram、Slackなどのライブチャットツールを使用して取引を行っているという。銀行振り込み、現金送金、第三者支払い、ギフトカードなど、幅広い支払い方法が使用されている。

OTCによるBTC-CNYのシェアはP2P取引プラットホームで約5%から20%に上昇し、対照的に6月から8月に増加していたデイトレードは9月以降減少し続けている。

OTCによる取引量ではLocalbitco、Paxful、Coincolaの3つのプラットフォームが70%を占めるという。

「ビットコインの重大な発展に伴い、OTC取引がますます活発化しています。OTC取引により詐欺取引のリスクが存在する可能性がある。引き続き監視する」と委員会は述べている。

この件は政府による規制によってビットコインは制御できないということを証明したのではないだろうか?ビットコインは分散型無国籍通貨の力を大いに発揮している。

参考元
news.bitcoin.com