商品先物取引委員会の会長「暗号通貨には未来がある」と発言

商品先物取引委員会(CFTC)のJ. Christopher Giancarlo会長はCNBCのFastMoneyに出演し、「
ビットコインはアメリカドルを置き換えることはないが、暗号通貨には未来がある」と話した。

インタビュー内で彼は暗号通貨が消えることはないとしている。世界の通貨のうち3分の2は価値がないものであると指摘し、ドルや他の通貨に匹敵するとは考えていないが、フィアット通貨にはないものを持つとしている。

彼は通貨に依存する世界をビットコインなどの暗号通貨が解決することができると考えている。

ツイッターCEOジャック・ドーシー氏は、将来的にビットコインが最終的に安価な取引にも十分対応できるようになり、現在の問題を克服しコーヒーなどの日常品の購入にも使用できるようになると話している。

ビットコインは重要な意味でドルを追い越し、10年以内にインターネットの単一の世界的通貨になる。

ツイッターCEOジャック・ドーシー氏、ビットコインはインターネットの単一の世界的通貨になる

ドーシー氏の発言に対して米アップルの共同設立者Steve Wozniak氏も同意している。