CCEDKはOpenLedgerプラットフォームのサービスにフォーカスする

CCEDK(Crypto Coins Enterprise Denmark)は取引所の業務からOpenLedgerのサービスと教育センターへと移り変わる。これにより効果的に分散型取引所ベースのアセット、スマートコイン、スマートコントラクトに従事できる。そしてこれまでも行ってきたように、月に2つのクラウドファンディングプロジェクトにフォーカスする。新たなブロックチェーンベースのプロジェクトをサポートしマーケティングやアセットの発行を手伝う。既に存在するビジネスに対してもスマートカレンシーの発行を促す。
OPEN LEDGER(オープンレジャー)の使い方

ICOO(Initial Coin Offering OpenLedger)

Initial Coin Offering OpenLedger略してICOOという新たなアセットが5月20日にローンチされる。ICOOという新たなアセットは将来のICOやそのための代理のトークンを作るために利用される。ICOOは公式ローンチ前のプロジェクトのトレードをOpenLedger上で可能にする。

他の新たなプロジェクトと共にICOOアセットの一部はOBITSのためにリザーブされる。
ICOOの資金は以下のキープロジェクトにも分配される。

(1)BitTeaser
(2)Obitsベースのブログネットワーク
(3)DGXゴールドアセット
(4)土地台帳に関する記録の契約アセット
(5)リザーブ

DAOHub:CCEDKの最初のICOOプロジェクト

CCEDKはICOOキャンペーンの一部に参加しDAOHubトークンを購入する。DAO ICOの満期がやってきたらICOOコミュニティーは次のICOのサポートに移る。CCEDK CEOのRonny Boesing氏と彼のチームの長期ゴールはOpenLedgerとCCEDKがスタートアップのインキュベーターとなることだ。

分散型取引所OpenLedgerを使ってDigixDAOやTHE DAOを入手してみよう

参考元
forbes.com


ETH TOWN

ETHTOWN