カナダ中央銀行はデジタル通貨CAD-Coinを開発中

カナダ中央銀行はデジタル通貨CAD-CoinをR3協力のもと開発中であると発表した。カルガリーで行われた決済産業のカンファレンス内で発表が行われカナダドルとペグされる。

カナダの主要銀行であるBank of Montreal、Canadian Imperial Bank of Commerce (CIBC)、RBC、Toronto-Dominion Bank、Scotiabankが参加することを表明している。これらはR3に参加している銀行である。

このデジタル通貨の利用に関する詳細は発表されていないが、カナダ中央銀行のCarolyun Wilkins氏はブロックチェーン技術を用いて大規模な銀行間取引決済システムを構築することが目的であると述べている。また銀行のフィンテック進出はいずれも一般向けのデジタル通貨を発行するためではないと述べた。

CAD-Coinは中央銀行により管理され全ての権限を握られて制御されている。これは先日三菱東京UFJ銀行が発表したMUFJコインも同様であり暗号通貨と呼べるものではなさそうだ。

MUFGコインについてはブロックチェーン研究所大石氏のブログで詳しい解説を読むことができる。

参考元
cryptocoinsnews.com


AUGUMENTORS

AUGMENTORS

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA