カナダ、オンタリオ州の街Innisfilは固定資産税の支払いにビットコインを受け入れるカナダ初の自治体となる

カナダ、オンタリオ州の街INNISFILは固定資産税の支払いとして暗号通貨を受け入れるカナダ初の自治体となる。INNISFILはトロントに拠点を置くCoinberry Limitedと提携し暗号通貨支払いを導入する。

町長Lynn Dollin氏は、「暗号通貨の使用率と人気が高まっていることは間違いありません。今この領域に入ることによって、私達の自治体が競争に先んじていることを確かめ、そして私達が本当に将来に備えて革新的な自治体であることを世界に知らせていきます。」と話した。

INNISFILは人口約36,000人の街で4月から、Innisfil町のウェブサイトに新たな支払いオプションとしてビットコインでの支払いが可能になる。今後ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルが追加される予定だという。居住者はCoinberry経由でウォレットにアクセスし、ビットコインを使って税金を支払うことが可能だ。

Coinberryは、FINTRACに登録されたブロックチェーンおよびデジタル通貨ソリューションに焦点を当てた金融技術ソリューションプロバイダである。

米国ではすでにいくつかの州で暗号通貨による税金の支払いが可能になっている。
米フロリダ州セミノール群は税金の支払いにビットコインを受付開始

米オハイオ州はビットコインによる納税を正式に受け入れる

参考元
businesswire.com