大手投資運用会社「投資家は暗号通貨に資金を投入する時期である」

ボストンに本拠を置く大手投資運用会社であるCambridge Associatesによれば、投資家は暗号通貨に資金を投入する時期であると述べた。

ケンブリッジは3000億ドルを超える顧客資産を管理している主要機関にのみ助言している。

アナリストらは、「課題があるにもかかわらず、投資家がこの分野を今日から長期にわたって検討することは価値があることであると考えている。これらの投資には高度なリスクが伴いうが、デジタルの世界をうまく利用している人もいます。 」と述べた。

一方で投資を行うには暗号通貨界について学習が必要であるとも助言している。

今月、バージニア州フェアファックス郡の2つの年金制度が、ブロックチェーンおよびデジタル資産業界向けのベンチャーキャピタルファンドに投資している。

アナリストは「暗号通貨界全体に広がった劇的な衰退は、これらの資産の将来とそれらを支えるブロックチェーン技術について疑問を投げかけました。それでも、投資の展望を見渡してみると、成長している」としている。

参考元
bloomberg.com