Byteball:まもなくビットコインコミュニティーとbyteホルダーにさらなるbyteをGIVEAWAYする。

暗号通貨プラットフォームByteballは2度目のトークン配布を行う。2度目のGIVEAWAYは2017年2月11日, 00:33(UTC)に行われる。

プラットフォームローンチを行った2016年12月25日、Byteballはbyte(ネイティブ通貨)とblackbytes(追跡できないプライベート通貨)をビットコインコミュ二ティーに対して無料配布した。合計で70,000BTCのリンクが行われた。今回行われる2度目の配布もビットコインコミュニティーとbyteホルダーに配られる。0.1gigabytes(GB)をすべてのGBそして0.0625GBをすべてのBTCホルダーに配られる。

Byteballにはブロックは無く、ブロックサイズ問題も存在しない。代わりに、すべての新しいトランザクションは、ハッシュを含んで署名することによって、1つ以上の以前のもの(親)を参照する。トランザクション間のリンクは、DAG(有向非循環グラフ)を形成する。

新しい取引には、両親を含めることによって、両親の両親、両親の親の両親などを間接的に含めて確認する。トランザクション後に追加されるトランザクションが増えるにつれて、受け取った確認の数はスノーボールのように大きくなる。そのため、Byteballという名前(スノーフレークはデータのバイトです)となった。

Byteballは、使いやすさとユーザーが読めるスマートコントラクトを通じて、資金の管理を強化することを目的とした暗号化プラットフォームだ。エコシステムには、暗号化ウォレット、ボットサポートされたマーケットプレイス、プライベート追跡不可通貨などが含まれる。また、支払いを暗号化されたチャットと統合する。最近ローンチされた取引チャットボットは、人々がBTCをバイトに交換することを可能にする。

Byteball公式ホームページ: byteball.org
BitconTalk: bitcointalk.org
Twitter: @ByteballOrg
Slackチャンネル: slack.byteball.org