テレグラムアカウントを利用してフィアットで暗号通貨の購入が可能に

テレグラムアカウントを利用した暗号通貨ウォレットアプリButton Walletは米ドルで暗号通貨の購入が可能だ。Button Walletのfiat-to-crypto機能は、決済会社Wyreとの提携によるものだ。すでに80,000人以上のユーザーが存在するとしている。

ユーザーはテレグラムのユーザー名だけを使って友人に資金を送ることもできる。何かをインストールしたりする必要がないためテレグラムのユーザー200万人以上が即座に使用可能だ。

BTC、ETH、LTC、BCH、ETC、Waves、Stellar Lumens(XLM)、およびERC-20トークンをサポートする。今後米ドル以外にもヨーロッパとアジア地域のフィアットを追加する計画だ。

彼らは、昨年秋にMIT Play Labs、Ethereum Classic Labs、Seraph Group、およびエンジェル投資家からの47万ドルの資金調達を行なっている。

最近ではFacebookによる暗号通貨「GlobalCoin」プロジェクトが、MessengerとWhatsAppで利用可能になるとされている。今後SNSやメッセージアプリ上で暗号通貨のやりとりが一般的になっていくかもしれない。

参考元
medium.com