ロシア、バーガーキングはビットコイン支払いの受付を計画

ロシア、モスクワにあるバーガーキングフランチャイズ店舗はフードやドリンクなどの購入にビットコイン支払いの受付テストを開始した。

ロシアでビットコインの人気は高まっており、一時は暗号通貨の非合法化を示唆した政府も将来的に規制を行い合法化する計画を提示している。さらにプーチン大統領はイーサリアム開発者であるVitalik Buterinと会談を行うなど暗号通貨に対する興味が高まっている様子だ。
ロシア政府はマネーロンダリング防止策として2018年にビットコインを合法化する

バーガーキングジェネラルディレクターによると、ビットコイン支払いの受付を可能にするソフトウェアの開発業者を募り、冬までに発表する予定で、請負業者は支払いを受付け可能なiOSとアンドロイドアプリ、レジスターの開発を行う。

「我々はトレンドを見ており、ビットコイン支払い受付けの決定は暗号通貨が成功したと判断したためのものである。暗号通貨支払い受付けは、近い将来必ず実現します。導入する事自体は全く問題なく、税金が難点となるだろう。」と語った。

ロシア政府は暗号通貨への規制ガイドラインを導入すると発表しており、今回のバーガーキングの決定はそれに基づくものとみられる。

財務省のAleksey Moiseev氏は暗号通貨のトランザクションを監視することは、マネーロンダリング対策への道具となりうると述べており、中央銀行はビットコインを税務目的のデジタル資産として分類するとしている。このような政府の発表以降ロシアでのビットコインの普及は急速に進んでいる様子だ。
ロシア、イーコマース大手Ulmartはビットコイン支払いの受付計画を発表

今後バーガーキングの店舗はロシア国内で増加予定である。ロシアでのビットコイン支払い受付け拡大の先駆けとなりそうだ。

参考元
news.bitcoin.com