ロシアのバーガーキングが独自暗号通貨をWaves上で発行する

世界的に有名なハンバーガーチェーンのバーガーキング・ロシアは独自暗号通貨「Whoppercoin」を発行すると現地メディアに報じられた。WhoppercoinはWavesブロックチェーンプラットホームにて発行される。

ロシアのバーガーキングはつい最近モスクワの店舗にてビットコイン支払い受付のテストを開始している。

今のところ、100億Whoppercoinを発行する予定であるが、追加発行の有無は不明である。
Whopperはバーガーキングが販売するバーガーの名称である。カロリーは100gあたり232kcalとなっている。

1個Whopperを購入すると顧客は1Whoppercoinがもらえるようだ。このサービスは8月22日より開始されている。

バーガーキングの代表は、この新たな暗号通貨は、顧客が集めた暗号通貨を使用して食事の支払いを可能にする新たなロイヤリティプログラムであると定義付けている。

「まずシステムをテストを行い、その後理解してくるだろう。」と語っている。

ロシアでは今年多くの企業がビットコイン支払いの受付を開始し、プーチン大統領のイーサリアムの開発者、Vitalik Buterinとの会談も大きく報じられた。

ロシア、イーコマース大手Ulmartはビットコイン支払いの受付計画を発表
ロシア農業協同組合がビットコイン支払いを受付け開始
ロシア、ビットコインマイニングにおいて中国との競争に挑む。プーチン大統領のアドバイザーはICOを行い1億ドルの調達を計画

WAVESの公式ホームページはこちら

参考元
coinidol.com