ドイツ連邦銀行、ビットコインへの投機に対し警告を行う

ビットコインの価格が急騰している。現在日本円で20万円目前まで迫っている。
そんな中、ドイツ中央銀行であるブンデスバンクはドイツ国民に対して「ビットコインは価格が急激に変化する投機の対象であり、価値を保存するための適切な媒体ではない。ビットコインの購入により大きな損失を被る可能性があります。」と警告を行っている。

ブンデスバンクのThile氏は「ビットコインは中央銀行などの機関により発行されていない為替の媒体であり我々はこれを通貨として見ていない。ドルやユーロのような安全な通貨でなく誰も責任を負うことはない。我々が国民の投資判断をすることはできないが価値の保存としてビットコインを利用することに対して警告を行う。」と発言している。

一方でブンデスバンクは支払い手段としてのビットコインの利用を禁止する理由はなく、ブロックチェーンテクノロジーに対しては興味を持っている。ブンデスバンクとDeutscheBörseはブロックチェーンテクノロジーに基づいた送金のプロトタイプ開発を行っている。
ドイツ、ハノーファーで公共料金の支払いにビットコインを受け付け開始

ビットコインの価格が急騰する中多くのアルトコインも急騰している。ICOの普及などにより、暗号通貨市場は大きく成長している。市場規模は5兆円を突破した。さらに以前はビットコインが市場の大多数を占めていたが現在ではおよそ55%ほどである。だが、時価総額では圧倒的に1位に君臨しおよそ9年もの間、問題なく動き続けるビットコインは依然暗号通貨の王者と言えるだろう。
ただひたすらビットコインを増やそう、ビットコインは暗号通貨の王様である

参考元
welt.de