多くの問い合わせによりブラジルのホテルチェーンがビットコイン支払いを受付

ブラジルのホテルチェーンVert Hotéisは顧客によるビットコイン決済要求が増えたことで、ビットコイン支払いの受付を開始した。現在Belo Horizonteに位置するホテル、Ramada Encore Minascasa、Ramada Encore Virgínia Luxemburgo、eSuites Luxemburgoでビットコインの支払い受付を行っている。

しかし、現時点で同社ウェブサイトにはBTC支払いオプションは表示されていない。顧客からの多くのリクエストにより個々のホテルが独自で導入したものでありVert Hotéisの経営方針によるものではないからのようだ。それだけ多くの問い合わせがあったのだろう。

ブラジルを含む南米地方でのビットコイン取引量は継続的に成長しており、今年に入りその量はさらに増加している。

coin-dance-localbitcoins-BRL-volume (1)

coin.dance

ブラジル国内でのグーグルトレンドワードでビットコインの検索量も今年に入り急激に増加した。

最近の動向から、資本逃避制限や通貨の廃止政策、インフレはビットコインの重要を大きく引き上げる要因である。ベネズエラの旅行会社Destiniaではハイパーインフレにより自国通貨Bolivarでの支払いを廃止し、現在ビットコイン支払いのみ受付ている。
ベネズエラのハイパーインフレによりビットコインユーザーが2倍に

さらに、ブラジルでは、ビットコインを支払い方法として受け取る際にVAT(付加価値税)を支払う必要がない。その代わり、35,000 BRL(11,000 USD)を超える場合のみ15%の譲渡所得税が課せられる。

これらを考慮するとブラジルでのビットコイン支払い受け付けはかなり有益なものだと言えるだろう。

参考元
bitcoinist.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA