ブラジルの中央銀行総裁「ビットコインはピラミッドスキームと同等である」

ブラジルの中央銀行総裁Ilan Goldfajn氏は、ビットコインはピラミッドスキームと同等であると発言した。彼は、ビットコイン市場における最近の価格上昇を引き合いにだしビットコインはピラミッドスキームであると否定した。

Goldfajn氏は、ビットコインとそれを支えるブロックチェーン技術を「分離」することが重要だと述べた。典型的な既存金融業界の人間の考え方である。

暗号通貨を購入する人はピラミッドスキームに投資する人と同じ種の利益を追い求めていると主張した。「価値があると信じて購入する人々が多く存在するビットコインは、バラストがない金融資産であり、典型的なバブルやピラミッドスキームである。」と述べた。

ピラミッドスキーム(ネズミ講)は、主催者が投資家を募集し、新たなバイヤーを見つけることを奨励することで、基礎を成す製品そのものではなく、新しい投資に基づいた収益の流れを作り出しすものだ。

続けて「バブルや不法支払いには興味がない。中央銀行が奨励したいものではない。」と批判を行った。

Banco Central do Brazil は、2014年に暗号通貨への投資リスクについて通知し、後、9月にブロックチェーン利用事例に関する研究ノートを発表している。

参考元
coindesk.com