Bpay.io:パブリックセールが本日開始。実用的なアプリケーションが暗号通貨の発展をより円滑なものにする

Bpay.ioは実際の日常経済生活の中で実用的なアプリケーションを提供することを目的に開発されるブロックチェーンベースのペイメントシステムである。

Bpay.ioは、様々な取引における(オフライン、 オンライン)暗号通貨の受け入れ、引き落とし、資金の追跡を可能にする。取引処理は、従来のトレーダー (買い手-売り手) と、バーチャルプラットフォーム(ネット通販、オンラインサービス、証券取引所、金融機関)などの間で実行可能だ。基本的な決済代行の原理をベースにしたサービスにより、あらゆるデジタル資産を支払い方法とする口座、取引、そしてその後の処理として現地通貨への変換または銀行口座への送金が可能になる(売り手の希望次第で、省略できる)。

国際コンサルティングのリーディング企業である Boston Consulting Groupによって、支払いの規模と取引件数の成長傾向が足がかりを掴むと推測され、2023年までに非現金による支払 いは780兆ドルに達すると推測された(年間成長率7%を伴う)。その場合、支払処理による利益は実に2.1兆ドルに及ぶ可能性がある。この成長は、人への直接的サービスを主業とする企業にとって、特に活発になると推測されている。

誰もが日常生活でトークンを使えることを可能にする技術が、暗号通貨の発展をより円滑なものにすると言える。スーパー、個人商店、市場で、一般人がビットコインでの支払う機会を得ることで、私たちは新時代のデジタルエデンに突入するのだ。

調達資金の使途

  • 50%:チームの拡充と、すぐに使える製品の開発
  • 10%:弁護士費用
  • 10%:大型オンライン、オフライン事業者に対する弊社サービスのロビー活動
  • 15%: 取引費用、営業国でのオフィスの立ち上げ
  • 15%:マーケティング

パブリックセールが本日開始

パブリックセールは本日17日より開始し、5月15日まで継続される。ETH, ETC, BTC, BCH, EOS, NEOが利用可能だ。

総供給量:600,000,000
トークン価格:0.08ドル
最小購入額:50ドル

セールへの参加方法はこちら

Bpay.io公式ホームページはこちら
ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。