Bpay.io:日常経済生活の中で実用的なペイメントアプリケーションを提供

Bpay.ioは実際の日常経済生活の中で実用的なアプリケーションを提供することを目的に開発されるブロックチェーンベースのペイメントシステムである。今ではブロックチェーン技術を用いたさまざまなサービスが開発されて来ているが、依然キラーアプリとなるようなものは世に出ていないと言っていいだろう。

これを達成するため、毎日の消費者ミクロ経済に暗号通貨技術を導入した支払いシステムの統合を行うことでBpay.ioは最も洗練されたツール上で、トランザクション速度とセキュリティを確保しながら、いつでもどこでも暗号通貨を受け取ることを可能にする。

Bpay.ioはこれまでの伝統的な売り手、買い手の市場やバーチャルプラットフォーム(e-ショップ、オンライン・サービス、取引所など)の範囲内で取引を行うことが可能だ。このサービスは、支払い集約の原則に基づいており、すべての暗号通貨資産の勘定と交換を支払い方法として(売り手が好む場合)現地通貨に変換するか、または銀行口座に振り替える。

取引トランザクションの例:オンライン小売業者のMediaMarktは、現金支払いとクレジットカードVisa / MasterCardのみをサポートしている。Bpay.ioシステムを統合することにより、MediaMarktはWebサイトを通じて暗号通貨を受け入れることができるようになる。つまり、即座に現地通貨での支払いが会社の銀行口座に入金される。

Bpay.ioは、可能な限り多くの暗号通貨をサポートするように設計されており、主な売り手が基本通貨として受け入れたい通貨への内部変換を実現する。

たとえば、売り手が自分の内部口座の基本通貨としてEURを選択した場合、顧客がイーサリアムやビットコインなどで商品またはサービスの支払いを行うと、売り手はEURで支払いを受け取り、銀行口座に入金される。

バーチャルな環境で支払いゲートウェイを提供することとは別に、Bpay.ioの長期目標の1つは、オフライン経済への統合である。

Bpay.ioチームは、暗号通貨資産と実体経済の相互作用を引き起こし、暗号通貨の適用範囲の拡大を促す。この結びつきを確立することで、あらゆる分野のブロックチェーン技術を幅広く適応させる新たなインパルスを打ち出すことになる。

まもなくプライベートセールを開催

Bpay.ioは3月26日から4月2日までの間プライベートセールを開催する。取引レートは1トークンあたり0.03USドルでETH, ETC, BTC, BCH, EOS, NEOが利用可能だ。

公式ホームページよりメールアドレスを登録することで詳細が確認できる。

Bpay.io公式ホームページはこちら
ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。