Bpay.io:暗号通貨を受け入れ可能なペイメントシステム。販売者、購入者へのメリットとは

Bpay.ioは洗練された最新のツールで、トランザクション速度とセキュリティを確保しながら、いつでも、どこでも、暗号通貨を受け取ることが可能なペイメントシステムである。これは、さまざまな取引(オフライン、オンライン)で資金を受け入れ、引き出し、追跡することを可能にする手段となる。すべての取引は、従来のトレーダー(買い手/売り手)とバーチャルプラットフォーム (ネット通販、オンラインサービス、証券取引所、金融機関)などの間で実行可能だ。
Bpay.io:日常経済生活の中で実用的なペイメントアプリケーションを提供

バーチャル環境における支払いゲートウェイに取り組むこと以外に、Bpay.ioには、オフライン環境への統合という長期的な目標がある。最も関連性の高いアナログ手法としては、オフラインの販売店における支払に対して仮想通貨の受け入れと決済を実現したシンプルなプロジェクト、スクエアが挙げられる。

オフライン環境での販売者は、複雑な技術に対して興味を持たない。小売り業の 最大の目的は、顧客基盤の拡大と、売上高の向上である。 そのため、このフィールドにおけるBpay.ioの第一の目的は、シンプルさを追求したソフトウェアと、その構成内容だ。

  • 販売側のパーソナルキャビネット (口座と同様)
  • 仮想通貨による支払いを受け入れるモバイルクライアント、デバイス (Bpay.ioの基本戦略の発展の範疇)
  • 受け入れる支払い全ての経理処理と、公式予約モジュール
  • 税金の控除、税金に関連する公式な書類を自動作成するモジュール
  • 現金で資金を引き落とすためのモジュール

販売側のメリット

Bpay.ioの専門家が行った分析による と、2020年までに、3000種類ものデジタル資産が市場に流通する見込みだ。 ネット通販運営者、ゲーム開発者、カフェの店員が、それほど幅広いソフトを用いて経済的信用度の高い人々を最大限取り組むなどとは、難しいだろう。 そのため、Bpay.ioの主な強みは「単窓」の構想によるもので、販売側が他全ての分散台帳プロトコルに対応することを前提としている。 Bpay.ioを使うことで、販売側は経済的信用度の高い人々を幅広く、製品やサービスに呼び込 むことが可能となり、同時にその支払いを自身の口座に、法律が定める通貨で受け取ることが可能だ。

  • 仮想通貨の最大プールを許容*
  • 市場の変動からの保護
  • 不正からの保護
  • 個人の仮想通貨口座への出金
  • 24時間以内に、お客様個人の銀行口座への出金
  • 年中無休のサポート

購入側のメリット

  • 支払いでの手数料は0%
  • 何千ものウェブサイトで、自国通貨が使える
  • 何千ものオフラインの実店舗で、自国通貨が使える
  • 年中無休のサポート
  • 購入者保護” システム”による、返金保証

本日深夜0時よりプライベートセールが開催

Bpay.ioは本日深夜0時から4月2日までの間プライベートセールを開催する。取引レートは1トークンあたり0.03USドルでETH, ETC, BTC, BCH, EOS, NEOが利用可能だ。

終了日: 4月2日
トークン供給量: 600,000,000トークン
トークン価格: 0.03 USD /トークン
最低購入額: 50 USD

Bpay.io公式ホームページはこちら
ホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。