BnkToTheFuture:プライベートトークンセールにて3,000万ドルを調達。

BnkToTheFutureは、金融およびテクノロジーの将来に向けて他のプロフェッショナル投資家と共同投資すべく、最大かつ最も評価の高いオンライン投資プラットフォームを構築するというミッションを2010年に始動した。
BnkToTheFuture:ブロックチェーンのスタートアップに投資する新しいマーケットプレイスをオープン

FinTech投資プラットフォームBnkToTheFutureは、トークン化された株式市場とデューデリジェンスプラットフォームのためプライベートトークンセールを行い3,000万ドルを調達した。同社メンバーと機関投資家にのみに公開されたトークンのプライベートセールは最初の24時間以内にマイルストーンに達した。

BnkToTheFutureはコンプライアンスとデューデリジェンスを通過したブロックチェーン、ビットコイン、フィンテック企業に投資を行う最大のプラットフォームの提供を行う。Simon Dixon氏によって設立されたこの会社は、クラウドファウンディング分野に早い段階で参入した。BnkToTheFutureは英国で閉鎖し、香港の暗号通貨界世界に再び登場した。

プラットフォームは2013年にFCA認証から登録を抹消された。FCAの下では、BnkToTheFutureは英国の企業や投資家との共同作業のみが許可される。グローバルに進出する意向で、同社は香港に移り、CIMAに登録した。

この投資プラットフォームでは、ポートフォリオを構築し、投資家に BitFinex、Kraken、BitStamp、ShapeShift、 BitPay など100を超えるビットコインおよびブロックチェーン部門で最も価値ある企業にアクセスする機会を提供した。また、48,000人を超える認定されたプロフェッショナルなフィンテック投資家を揃え、オンライン投資プラットフォーム上の資金調達ラウンドに2億6,000万ドル以上を投資している。

目的は、2018年に開始されるセキュリティトークン取引を許可し、デューデリジェンス、取引フローおよび投資家関係をサポートするBnkToTheFutureトークンを発行することである。

弁護士Marc Blumenthal氏はプライベート・トークンセールについて述べた。「デュー・ディリジェンスは、商用買収において重要な段階です。この取引が関係するすべての企業のニーズを確実に満たすのは、商業的買収において包括的で必要なレビューです。」

BnkToTheFutureのトークンを使用すると、ユーザーはプラットフォームのメンバーシップオプションにアクセスして優先取引にアクセスできる。また、地域社会、また将来の取引に代わってデューデリジェンスを行う他のトークン保有者にも報酬として働く。

BnkToTheFuture CEOのSimon Dixon氏は次のように述べている。「ICOブームは、流通市場が存在する場合ブロックチェーン技術に資金を配分する大きな欲求があることを証明しまし。もし彼らに選択肢があったならば、株主の権利を持たないトークンではなく、会社の株式を取引するほうが好まれただろうと思う。現在の規制環境では、私たちはコンプライアンス・ベースのプラットフォームを通じて、ICOスタイルの取引と流動性をプライベート・エクイティ市場にもたらすことが正しいと感じています。」

Silicon Capeの共同設立者で南アフリカの起業家Vinny Lingham氏は、BnkToTheFutureの諮問委員会に参加する予定だ。Lingham氏は、米国では論文主導型のクリプトファンドであるMulticoin Capitalのゼネラルパートナーにも任命されている。

BnkToTheFutureアドバイザリーボードに参加している他のメンバーは、AbraのCEO Bill Barhydt氏、Transform GroupのCEO Michael Terpin氏、RoostockのCEO Diego Gutierrez Zaldivar氏、Civicの共同設立者 Jonathan Smith氏が含まれる。

グローバルICO業界の投資家は、市場における透明性、既存投資の取引柔軟性、新しい取引への早期アクセスを求めている。彼らは、従来の株式投資が許すのと同じ保護を維持しながら、これをすべて望んでいる。ICOの大半は有価証券に分類される可能性が高い。

BnkToTheFutureのプラットフォームは、プライベートエクイティの取引市場におけるリアルタイムアクセス、流動性、プライシング、透明性を可能にする。

BnkToTheFutureのBF(BFT)トークン販売に関する情報

今回のパブリックセールでは30,000,000BFTが販売される。10,000〜100,000 BFTの間で購入が可能で、最小1.539 ETH、最大15.385 ETH購入できる。取引レートは1 BFTあたり0.00015385 ETHとなっている。

トークンセールに参加するには公式ホームページよりホワイトリストに登録することで参加可能となる。この際自身で秘密鍵を管理するイーサリアムアドレスの入力が求められる。
日本時間2月17日(土) 07:00よりイーサーの送信が可能となり購入が行える。

ホワイトリストへの登録はこちら

ホームページは日本語対応しておりホワイトペーパーも日本語に訳されている。

BnkToTheFuture:ブロックチェーンのスタートアップに投資する新しいマーケットプレイスをオープン

BnkToTheFuture公式ホームページはこちら
日本語ホワイトペーパーはこちら

参考元
equities.com

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。