BLOCKPAY:959BTC調達

プライベートトランザクションやコミュニケーションなどの特徴と共に様々なPoint Of Salesシステムのデジタル通貨を開発している。

ブロックチェーンペイメントのためのBlockPayはマーチャントがデジタルペイメントにレバレッジをかけることを可能にするためのツールを展開する。滑らかで使い易いスマートフォンウォレットアプリは顧客が様々な種類のデジタル通貨やトークンでの支払いを可能にする。現在のシステムと比べてデジタルペイメントは瞬時、そして0コストであるためマーチャントにとってはセールスの加速と時間の節約を可能にする。そして新たなロイヤリティーポイントプログラムに参加ができる。開発は今月末のクラウドファンドに従って完成する。

マーチャントを助ける

BlockPayはどのようなマーチャントでも0コストでデジタル通貨の受付を可能にする。ビットコイン、イーサリアム、Steem、DASH、ビットシェアズのスマートコインだけでなくBlockPay eレシートの全てのギフトカードもサポートする。44ヶ国語で利用可能でスタンドアローンアプリとして、もしくはOdoo、SAP、自動販売機、キヨスクなどの既存のPoint-of-Saleシステムに統合できる。

ペイメントは速く、シンプル。マーチャントは顧客のために金額を提示し、顧客は好きな通貨によってQRコードまたはNFCで支払いを行う。そしてBlockPayはeレシートを自動的に顧客の携帯へ送信する。

プライバシーの特徴

BlockPay、BitShares Munichを担当している同じフィンテック/ブロックチェーン開発会社もまた、Bitshareネットワーク上でプライベートコミュニケーションとトランザクションを可能にする特徴を実行する。Echoウォレットはステルスクリプトトランザクションとセキュアボイス、ビデオ、メッセージを備えている。スナップチャットのようにチャットとメディアメッセージは暗号化されているだけでなく自動削除機能を備えている。

Christoph Hering、BlockPayの共同創始者でCEOはこういったアプローチの重要性について『私はEchoについてとてもエキサイトしています。なぜなら2つの問題を解決するからです。プライバシーとファイナンシャルフリーダムです。最初に、Echoはあなたのパーソナルなチャット、ビデオ、ボイスメッセージをハッカーや検閲から守ってくれます。2つめは、Echoはあなたの指先1つで様々な通貨の管理を可能にします。現代のブロックチェーンテクノロジーのおかげで送金は3秒もしくはそれ以下で完了しユーザーは数タップで好きなユーザーネームにより登録が可能です』と話している。

メジャーなビジネスは競合が自らの金融活動を見れないようにすることを確かなものにしたい。ときに通常のビットコインブロックチェーンは率直過ぎるためサプライヤー、コンサルタント、顧客、従業員の重要な情報を明らかにしてしまう。つまり『ステルス』トランザクションとセキュアなメッセージはエンタープライズコミュニティーにとって必要なものとなる。ブロックチェーンを利用して価値の保存やトランスファーを行う個人ユーザーや小売ユーザーにも同様のことが言える。『自由なコミュニケーションとプライバシーが必要だったため私はEchoを作りました。』とHeringは締めくくる。

Pre-ICO

unnamed

BlockPayのPre-ICOは8月23日より開始される

BlockPayプロジェクトのPre-ICOは8月23日GMT正午より行われる。大規模なクラウドファンディングは2017年のはじめを予定している。ICOは分散型取引所プラットフォームのOpenLedgerと共同で行われる。
OPEN LEDGER(オープンレジャー)の使い方

unnamed-1

CCEDKはICOのエスクローサービス、アセットの発行、BLOCKPAYトークンの分配、メディアカバーなどを行う。

BlockPayトークン

100,000,000BlockPayトークンが発行され、その後は希薄されない。

6,500,000BlockPayトークンがPre-ICOのフェーズ1~3にてセールされる。残りのトークンは2017年にセールされ、今回のPre-ICOでは初期サポーターに最大42%の割引が行われ、トークンの分配はフェーズ3終了後に行われる。

BlockPayトークン価格とセール数

unnamed-2

フェーズ1:600,000トークン@1:1.2 OPENPOS/BlockPayトークン

フェーズ2:1,400,000トークン@0.000288BTC/BlockPayトークン

フェーズ3:3,000,000トークン@0.00036BTC/BlockPayトークン

8月20日より開始されるフェーズ1はOPENPOSホルダーのみ参加可能。フェーズ2は8月23日より開始され、全てが売り切れた場合フェーズ3へ移行する。

BlockPayトークンの購入して何を得ることができるのか?

BlockPayトークンをオーダーすることによってBlockPay、EchoそしてStealthの開発と継続した成長をサポートすることになる。あなたの助けによってマルチなデジタル通貨を稼ぎ、保有し、使うことのできるグローバルなデジタルペイメントネットワークを拡大する。あらゆる食料雑貨チェーン、小売店、レストラン、自動販売機、ガソリンスタンドにBlockPayを導入するのは容易ではないが、あなたのサポートによって共にネットワークを作り上げる。

プロダクトの価値上昇と共にBlockPayトランザクションにより発生する報酬をBlockPayトークンを持つことによってシェアできる。

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。