ALAX:ブロックチェーンベースの配信プラットフォームにより、「unbanked」消費者に数千万のゲームとアプリをアクセス可能に

ALAXは、世界中のゲーム業界を変革するブロックチェーンベースのモバイルゲーム配信プラットフォームである。プラットフォームは、デベロッパーに、数千万のゲームおよびクレジットカードやデビットカードを使用しないアプリの消費者へアクセス可能にする(世界銀行グローバル・ファイナンス・インデックス2014は、世界中で20億の「unbanked」が存在する)。 しかし彼らは、現金や3G / LTEスマートフォンには比較的簡単にアクセスできる。

  • ALAXのトークンベースのテクノロジーは、世界中の何千万もの「unbanked」顧客へのアクセスを提供
  • ALAX TGEは2018年4月17日に開始する予定で、プラットフォームはすぐに利用可能になる

ブロックチェーンテクノロジー企業DECENTとゲーム配信プラットフォームDragonflyの間に誕生した新たなベンチャー企業ALAXは、トークン構造の詳細を概説したホワイトペーパーをリリースし、TGE(トークンジェネレーションイベント)が2018年4月17日に開始することを発表した。
DECENTはDragonflyと提携しゲームとアプリ用ブロックチェーンプラットフォームALAXを開発する。

今後数多くのパートナーシップが発表予定である。急速に成長している東南アジアおよび南アジアのモバイル市場にプレインストールされたプラットフォームとの提携を発表予定だ。

何百万人もの「unbanked」消費者へのアクセス

トークンベースのALAXプラットフォームは、開発者に、数千万のゲームやクレジットカードやデビットカードを使用しないアプリの消費者にアクセス可能にする。

ALAXプラットフォームは、既存のDragonflyの小売業者ネットワークを通じて現金でALAトークンを購入することができる。 ALAトークンはアプリ内で使用され、ゲームやアプリを開発者から直接購入できる。これによりトランザクションが迅速化され、コンテンツの価格が下がるだけでなく、従来の支払い方法にアクセスすることなく、ゲームやアプリの購入が顧客に開放される。

このプラットフォームは、開発者にとってより公平な取引を提供する

DECENTは、従来の購入方法によりゲーム開発者は現在、アプリケーションから最大70%の利益を得ており、支払処理に3〜6か月かかると推定している。対照的に、ALAトークンの支払いは開発者に直接行われ、いつでもフィアット通貨(USD、EUR、THB、PHなど)と交換することが可能だ。

東南アジアでのモバイルゲームの収益は2021年までに24億ドルに達すると予測されており、ALAXはアプリ開発者やゲーム開発者に新興市場の何百万人もの新しい消費者へのアクセスを提供する。

コンテンツ制作者とゲームプレイヤーのためのプラットフォーム

コンテンツ制作者と消費者はALAXストアにアクセス可能だ。ALAXストアは、ブロックチェーン機能を提供する独自のSDKに基づいて構築され、消費者はブラウザはアプリを使用できる一方、コンテンツ制作者はALAXのアンドロイドSDKを用いたアプリ内購入などの機能を使用できる。ALAXを用いたすべてのアプリケーションにおいて、APIを介してALAXプロトコルト通信するため、一貫性が確保される。

TGEが2018年4月17日に開始

ALAXトークンジェネレーションイベント(TGE)は4月17日から開始され、6日間続く。 10億ALXトークンが発行される。

これらはすべて、ALAXが発行したALAトークンに基づいて機能する。ALAトークンはALXトークンで取得可能で、エンドユーザーはデバイスにプリインストールされたALAXの内部取引所を介することで20%のボーナスを得ることができる。また、エンドユーザーはリセラーネットワークで、フィアットを使用してALAトークンを取得することもできる。

ALAXプラットフォームは、TGEの終了後、消費者および開発者がすぐに利用できるようになる。

ALAX公式ホームページはこちら
日本語の詳細はこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。