分散型広告ネットワークBitTeaserのトークンセールが開始する

以前紹介したBitTeaserが分散型広告ネットワークとなってプレセールを開始する。
Bitteaser-ビットコイン広告ネットワークは暗号通貨ビジネスにフォーカス

BitTeaserとは?

BitTeaserはグーグルアドワーズと似たオペレーションが行われる、急速に成長している広告ネットワークである。収入はウェブサイト、企業、プロダクトなどへ提供される広告スペースによって発生する。ブロックチェーンと暗号通貨テクノロジーの利用によってBitTeaserの広告ソリューションは完全に率直で匿名なものとなる。BitTeaserの広告プラットフォームは現在存在する多数の広告マーケットを取り込み独占し、100億ドルを超える時価総額を持つ暗号プロジェクトを目標にしているようだ。

BTSRとは?

BTSRは分散型広告ネットワークのBitTeaserのサポートと維持を行いたいユーザーのために配られるデジタルトークンである。BTSRのオーナーシップは BitTeaser活動の利益で行われる毎月のbuybackオプションだけに限定されず、サポートされた取引所でトレードすることもできる。最初の取引所は分散型取引所である、OpenLedgerだ。

BTSRの価値上昇の仕組みは先日まさにbuybackが行われたOBITSに似ている。5月2日にBTSRの最初のbuybackがOpenLedger上で行われる。

初回のBTSRセールはBTSRのウェブサイト上でのみ開催され、現在の価格は15BTSまたは0.00015 BTCとなっている。価格は2-3日毎に3-5%上昇し2016年3月11日までセールが開催される。BitTeaserの利益の70%がbuybackに使われるが、そのうちの20%なんとOBITSのbuybackに充てられる。これはObitsがマーケットメーカーとして考えられ、将来CCEDKによって導入される全てのプロジェクトのバックボーンとなることを意味している。

BTSRに関する詳細な情報は公式ホームページ