ビットコインの技術でアーティストが経営者になる時代

ビットコインの技術でアーティストが経営者になる時代

BitshareはPeer to Peerの音楽ファイルをシェアするブロックチェーンを開発中だ。

これにより、音楽ファイルの価格に変動制が生まれることになる。
これによって、アーティストに直接投資、また場合によっては購入者へ報酬も支払われることになる。

Bitshareを使用するアーティストは10,000枚の代用硬貨を生成する事が出来る。

この硬貨を用いてアーティストはファンに対して、それを売る、または、配り彼らの活動に投資することができる。

アーティストは自分の発行したコインに価格をつける事ができる。
ファンが彼らの楽曲を購入する事でクラウドファウンディングのように資金調達、収入に繋がる。

アーティストのコインを購入する事によって、彼らの成功に投資することが出来る。

一番大きなメリットはアーティストとファンの間に誰の介入もないということだ。
それにより、会社側からアーティストへの操作もなくなる。

消費者がアーティストから直接購入出来る事により、市場はグローバルとなり、以前よりも才能あるアーティストを簡単に発見できるようになる。

Bitsharesの音楽ファイルをシェアするブロックチェーンが広まれば、ビデオや、その他のコンテンツでの利用も行われるようになるだろう。

参考元
cryptocoinsnews.com
bitshares.org


domeplatform