Bitnation:PATトークンの必要性

ビットコインの重要な革新の1つは、ピアツーピアネットワークプロトコルにインセンティブモデルを含めることだった。通貨を分散させる作業証明方法とともに、ネイティブ通貨を使用することにより、報酬を与え、異種の当事者に共通の目標に向かって協力するようインセンティブを与える。

Bitnationのパンゲア管轄区域は、Pangea Arbitration Token(PAT)によって広範に類似した条件で運営される。 PATは、ネットワークへの貢献と維持、そしてその有用性の向上、良い評判の確立などの報酬として発行される。これにより、ユーザーのスティッキ性が確保され、PATトークンの価値を高め、パンゲアプラットフォームの実用性と信頼性を高めることで、ユーザーに利益をもたらすネットワーク効果が生まれる。パンゲアで人とプロジェクトが増えれば、PATの流動性が高まるでしょう。

ビットコインやイーサリアムをトークンとして使用していない理由、あるいはなぜトークンを使用する必要があるのか。

より効率的なプラットフォームを設計できるため、プラットフォーム固有のトークンを使用している。Bitnationのトークンモデルは、契約の作成と実行、紛争の解決、国の構築などの面でパンゲアのユーザーに報酬を与えることを可能な限り魅力的にする。それは、ネットワーク効果の好循環を作り出すと期待される。

パンゲアのトークン

パンゲアは、ユーザーが組織やコミュニティを構築できるプラットフォームであり、管轄と法律サービスが提供される競争の激しい市場である。 コミュニティ、組織、サービスプロバイダのエコシステム。

評判を築き、契約を尊重し、紛争を解決し、コミュニティを作り、ネットワークを維持し、スマートコントラクトを作成し、監査するための財政的インセンティブを創出することは、創作者や建築業者だけでなく、パンゲアの個々のユーザーにインセンティブを与える。

PATはShapeshiftを含む取引所で取引可能で、ネイティブのビットコインアプリを使用して取引することができる.0.3.1のバージョンは既にAndroidでダウンロード可能である。

BITNATION:日本語ビデオとライトペーパーが登場

Bitnationの公式サイトはこちら

参考元
steemit.com