BITNATIONとエストニア政府はブロックチェーンを利用して交渉サービスを行う

難民に対してブロックチェーンIDやビットコインデビットカードを提供する分散型統治プロジェクトのビットネーションはエストニアのe-residentsに対して公証サービスを提供する。

エストニアのe-residencyとは、非居住者に対して安全なデジタルアイデンティティーをエストニアが発行し、永住者同様のIDを提供するサービスである。これは2014年12月1日より開始されている。
BITNATIONがブロックチェーンを利用した難民支援プロジェクトを開始

2015年12月1日より開始され、e-residentsはどこに住もうが、どんなビジネスを行おうが、婚姻の証明、誕生日の証明、ビジネスの契約などの公証サービスを受けられる。

BITNATION CEOのSussaneは、ビットコインがお金に行ったことと同様に、ビットネーションは諸悪の根源である国境を取り去ることを目指している。
BITNATION, CEO Susanne Tarkowski Tempelhof

『結婚においては、多くの国がゲイカップルを認めていないが、ブロックチェーンならばそんなことはクソ喰らえである。』とも話している。

今回、エストニアと取引を行ったことでビットネーションは独立したエンティティーであることを世界中に認識してもらうチャンスを掴んだ。

https://bitnation.co


GameCredits

GameCredits

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 世界一小さな王国がビットコインを自国通貨として承認

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA