BITNATIONがブロックチェーンを利用した難民支援プロジェクトを開始

シリアにおける難民危機は日を追って悪化している。

難民とは、『人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるかあるいは迫害を受ける恐れがあるために他国へ逃れた者』である。

トルコ海岸に男の子の難民の遺体が漂着した画像によって世界中が衝撃を受け、ヨーロッパの国々は難民に対するスタンスを再考している。

シリアの人口はおよそ2200万人で2015年時点で約400万人が難民として国外に流出しているが、今後もまだ増えていく。
また、アメリカのオバマ大統領は1年間でシリアからの難民を少なくとも1万人は受け入れると発表した。

BITNATIONはヨーロッパに押し寄せる難民のための人道支援プロジェクトを開始した。
Bitnation Refugee Emergency Response(BRER)はBitnationのプロジェクトのうちのひとつであり、難民に対する支援を行う。
プロダクトとしてはブロックチェーンエマージェンシーIDやBitnation Bitcoin Debit Cardがある。

Blockchain Emergency ID (BE-ID)

ブロックチェーンエマージェンシーIDはブロックチェーンテクノロジーによって支えられた基本的な緊急用のIDである。他のIDなどで自分自身の存在を証明できない人のためにある。あなた自身とあなたの家族との関係を証明する。ブロックチェーンにレコードされている。ID作成時に生成されたQRコードは携帯に保存しておけばいつでも読み取ることができる。

Bitnation Bitcoin Visa Debit Cards(BVDC)

国によって見放された人々のためにBitnationはVISAデビットカードを提供する。このカードがあれば銀行へ行かなくても現金の引き出しが行える。

BITCOIN AID

難民がVISAデビットカードを受け取れるように寄付を行うことができる。12ユーロの寄付ごとにカード一枚が難民に渡るよになっている。必要以上のビットコインが寄付された場合には自動的にカードにビットコインがチャージされるため難民はその資金をつかって必需品の買い物などに利用できる。

寄付を行いたい方は下記リンクから
refugees.bitnation.co

参考元
refugees.bitnation.co


domeplatform