BITNATION:パンゲア開発アップデート

BITNATIONはパンゲア管轄開発アップデートをアナウンスした。1月の開発アップデートを掲載しなかったため、1月と2018年2月のまとめとなる。

パンゲアバージョン0.3.2

先月から更新

  • 3週間ごとにモバイルとバックエンドのアップデートをリリース
  • 初期のリターン:チャット プルーフ オブコンセプト
  • イーサリアムブロックチェーンに保存された国を作成できるようになった。
  • 今すぐウォレットを作成し、復元することができる
  • Android appstoreのパンゲア
  • TODO

アップデートの詳細はこちら

3週間ごとにリリース

チームは、「Scaled Agile」の合理化されたバージョンを採用し、3週間ごとにリリース。 重点は漸進的な進歩とフィールドフィードバックへの迅速な対応。

Pangea v.0.3.2はAndroid Appstore(Google Play)で利用できる。

パンゲアはAndroid Appstoreのv 0.3と0.3.1のリリース以来(1月中旬から)利用可能となっている。BITNATIONを検索し、携帯電話にインストールします。 現在、アプリストアの情報を更新中。

今後数週間以内にTODOリスト

国やチャットをサポートするバックエンドのアーキテクチャ変更をすぐに開始する予定であり、バックエンドの移行がフロントエンド機能を損なわないようにするために、 既存の開発速度を維持するために同じ3週間のスプリント内にとどめる。

バグ修正、チャット機能などを備えたPangea v。0.3.3(3月8日予定)をリリースする。

iPhoneを使っている人もPangeaを使うことができるように、iOSアプリストアでPangea v.0.3.3を入手し、AndroidとiOSのAppstore情報を更新する。

Desktop Client(Electrum)で作業を開始する。

BITNATIONの公式サイトはこちら