BITNATION, CEO Susanne Tarkowski Tempelhof

BITNATIONのCEOである Susanne Tarkowski Tempelhofとはどんな人物なのだろうか?

Susanne Tarkowski Tempelhof 1983年生まれ、Gothenburg, Sweden出身

学歴:なし

職歴:Susanneは国際的な事業家であり、tech投資家、作家である。
彼女は、スエーデン、フランス、ブラジル、中国、アフガニスタン、パキスタン、アラブ首長国連邦、リビアそしてエジプトで働いていた。

2008年、アフガンで最初の戦略的コミニュケーションカンパニーであるWise Strategic Communicationを設立、2011年に売却。
2011年のアラブの春に続いて Shabakat Corporationをエジプトとリビアで設立し、現地の草の根運動をサポート。
内戦後にクラウドファンディング、デジタル通貨やブロックチェーンアプリケーションを通じて自由な世界の先駆けとなるようShabakatをブロードテクノロジーカンパニーとした。
2014年出版 “The Googlement – The DIY Guide To Starting Your Own Nation (And Changing The World)”の著者でもある。

興味:主意主義、無政府主義論、哲学、社会学、テクノロジー、トランスヒューマニズム、モダンアート、ビンテージシャンパン、不動産、デジタル通貨、オルタナティブガバナンスソリューション、グローバリゼーション、事業欲

デジタル通貨における初めての経験

Susanneは2012年にはじめてビットコインと出会い、すぐさま無政府でインターナショナルなこの通貨は世界を変えられると感じた。2013年にブロックチェーンテクノロジーは他にも応用が可能(分散的な法律など)だと気付き活動を開始する。

現在彼女の手がけているプロジェクトBITNATIONはかなり革命的なものである。
国家の提供するサービスが最善とは限らない、人々には何によって統治されるか選ぶ権利がある。
TEDでの動画でも話しているように、BITNATIONはWIKIPEDIAのように自然的に拡大し、改善され、気付いた時には巨大化しているのかもしれない。