Bitnation:独自のブロックチェーンパスポートを発行

Bitnationは、ウィーン条約に準拠したパスポート(ICAOおよびISO / IEC 7810 ID-3標準と機械可読)を国民、大使およびコアチームメンバーに発行したパスポートはEthereumブロックチェーンに記録され、Bitnation Jurisdictionアプリの公開鍵を一意の識別子として使用する。

Bitnationは、パスポートをLaissez-Passerとして認識させるプロセスを開始した。これは国連や国際機関など緊急旅券として発行されたものと同様に、人道的理由や公式旅行のためのものである。Bitnationは、パスポート所有者のために、ウィーン条約(領事館および外交関係)によって定められているように、他の国のものと同等の特権および免除を求めている。 Bitnationパスポートプログラムは、2017年に有名なユネスコのNetexploイノベーションアワードグランプリを受賞したBitnation Refugee Emergency IDに基づいている。

世界中で7,000万人の難民がいると推定されており、移民労働者、難民、国内避難民、無国籍者などは10億人にものぼるとされている。彼らはより良い人生を求めて移動を希望している。それ以外にも国の信用が無くなった場合にも独自のブロックチェーンパスポートのようなものがより信頼できるものとなる可能性がある。

Bitnationのパスポート発行にはXPATが必要となる。

Bitnationの公式サイトはこちら