韓国最大の取引所Bithumbはレストランやカフェに設置される無人支払い受注システムにビットコイン支払いを導入する

韓国最大の暗号通貨取引所Bithumbは、キオスクメーカーと提携しレストランやカフェに設置される無人の支払い受注システムに暗号通貨支払いオプションを導入する。

Bithumbは、「Touch B」ブランドを導入し、キオスク事業に参入すると発表した。

キオスク事業への参入は、中小企業オーナーに大きな利益と低コストの賃貸料を提供するとしている。キオスクシステムの賃貸料は業界の料金より10%ほど低くレンタルされる予定だ。

Unos Pay、Tros Systemsなどのキオスクメーカーと提携し食品、飲料フランチャイズ、小規模レストラン、カフェを運営する中小企業向けに最適化されたキオスクを提供するとしている。

ヨーロッパのマクドナルドなどでも導入が相次いでいるキオスクシステムにビットコインなどの暗号通貨決済が追加されることは大きな進展につながる可能性がある。

オーストラリア国内1,200人以上のニューススタンドでビットコインとイーサリアムの購入が可能に

news.bitcoin.com