ビットコインチャリティー団体BitGiveが501(c)(3)ステータスを取得

ビットコインによるチャリティー団体BitGiveは501(c)(3)ステータスを取得した初めての非営利組織としてIRSにより認定された事を今日発表した。

これのステータスを得る事によりNPO自身が税の減免措置を受けられるだけでなく、NPOに寄付する個人/法人の寄付金が税控除の対象になる。

BitGiveはさまざまな慈善団体やプロジェクトに集めた資金を与える事によって、世界中の公衆衛生、世界的環境問題の改善に従事した団体である。

企業がビットコインを懸念するようにアメリカ政府から501(c)(3)ステータスを取得する事は相当苦労したようである。

既に彼らは、フィリピンの台風の際、$4,850を1日で集め寄付している。

現在、彼らはThe Water Projectというケニヤやサブサハラアフリカの地域に安全な水を届けるチャリティーを$10,000を目標に行っている。

既に75%に達しているようだ。

これから、このように政府によって認められた暗号通貨を扱う様々な企業や団体がでてくるのだろうか。

参考元
Coin Desk


domeplatform