ウィンクルボス兄弟、ビットコインの時価総額は1兆ドルになる。

マークザッカーバーグとFacebookを巡って法的争いをしたことで知られるウィンクルボス兄弟が、ビットコインの価格についてかなり前向きだ。

ビットコインの時価総額は4000億ドル、もしくはVISAやMaster Card並みの時価総額には簡単に上昇すると予想している。

更には、『ビットコインが金よりも優れている、もしくは金のような資産となれば、時価総額は1兆ドルを超えるだろう。これは大いに起こりうることだ。』とテイラーウィンクルボスはCNNに語っている。

ビットコインはかなりレアになる。

いずれ、ビットコインが普及すれば簡単に入手が出来なくなるのかもしれない。
現在は1ビット単位で取引しているが、値段が高騰してしまえば、0.1ビット、0.001ビットでの取引が当たり前となるかもしれない。

多くの人がビットコインを優良な金融商品として見なせば、ビットコインもゴールドのような扱いをされるだろう。

参考元
money.cnn.com


5 Trackbacks & Pingbacks

  1. 2030年までにビットコインは6番目に大きな備蓄通貨となる
  2. ビットコインを買いたがらない人達の理由
  3. ビットコインで億万長者になる前にやるべきこと
  4. ウィンクルボス兄弟のGemini取引所はeSportsのEcho Foxとパートナーを組む
  5. 現在発行されているビットコインの数は1,400万BTC以上である。ビットコイン長者は一体誰なのだろうか!?

Comments are closed.