投資家Mark Yusko氏、「ビットコインは長期的に見て40万ドルに達する」

ノースカロライナ州の投資会社モルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントの創設者兼CEOであるMark Yusko氏はビットコインの価格は長期的に見て40万ドルに達するだろうとしている。

彼は2010年にビットコインの事を知り、数ヶ月に及びビットコインを研究したのち投資を決意したという。彼は当時もっとビットコインを購入しなかった事を後悔しているという。

ビットコインが詐欺だと言われたり、最近ではサウジアラビアの億万長者投資家がビットコインは消滅するだろうと発言した事について、「このブロックチェーンと暗号通貨ビットコインは破壊的なテクノロジーなであり、銀行が懐疑的であると予想するのは極めて自然なことです。これは銀行の需要と供給方程式を全く変えてしまう。銀行、金融業者、サウジアラビアの王子が出てくるのは驚くことではない。これは本当に破壊的な技術だからだ。」と述べた。

彼は物理的な金融機関が既に時代遅れであると強調する。

なぜ銀行は巨大な建物が必要なのか?それは私たちが安全であると感じた場所に何かを持たなければならないと信じるからです。金融恐慌はいつ起きるかわからない。ある日突然銀行は私のお金がもうなくなったと言うかもしれません。それを証明するものもないのです。だからブロックチェーンテクノロジーはとても優れている。

彼はブロックチェーンがインターネット以上の革新であるという事に同意している。お金のデジタル化は必ず起こると見ているようだ。

「銀行や金融、決済システム、オプション、先物など、あらゆる電子商取引は非常に混乱するだろう」と述べた。

ドイツ銀行ストラテジスト、「フィアットマネーの終わりはそう遠くない」

世界中の中央銀行で独自デジタル通貨の発行が検討される。〜キャッシュレスな時代へ突入するのか〜

参考元
thestreet.com