Chris Larsen氏、リップルCEOを退任

銀行などの金融機関へクロスボーダーペイメントネットワークを提供するリップルのCEOであるChris Larsen氏は今年いっぱいで退任することを発表した。彼の退任後はチーフオペレーティングオフィサーを務めるBrad Garlinghouse氏が引き継ぐことになっている。

退任の理由としてCEOとして求められていることが彼自身の方向性と違った方向へ向いてしまっており、2人の子供たちともっと時間を過ごしたいと話したようだ。

彼は2012年よりリップルのサポートに入り、フィンテック、金融テクノロジーでは最も優れた起業家だっただろう。

リップルは9月にAccenture PLCより5500万ドルの資金調達を行ったばかりの出来事であり、今後の動向が気になる。

参考元
wsj.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA